ビジネス戦線に通用するSEO対策

SEOを行うには専門的な知識が要求されます。また、しては行けない行為を行い検索順位をあげたとしてもそれは一時的なもので、逆にペナルティーを与えられる事もあります。そうならないためにも、専門的な知識が必要になるのです!

企業のIR活動の一端としてホームページ作成

パソコンの普及率が高くなり、企業もホームページの一つは持っていないといけない時代になってきました。様々なホームページのスタイルがありますが、企業のIR活動の一端として、ホームページ作成を依頼する企業が増えているようです。

今や持っていない企業のほうが少ないと思われるホームページですが、やはり作る為には専門的な知識が必要なことに変わりありません。そのホームページを作ることです。

1時間でホームページ作成をつくれるのか

今や無数と言っていいほど存在するホームページですが、初心者でも一時間で作れるのでしょうか?パソコンの知識は多少あってもホームページを作る技術・知識がないとき一番早い方法は、ホームページ作成ソフトを使うことがあります。

専用のホームページ作成ソフトを使えば詳しくはわからなくても文書を作成するつもりでチラシでもつくるような感覚で打ち込んでいるうちに完成し1時間で充分に終わります。

作りこんで行くことは後にすることにして、とりあえず最低限必要な情報だけを入れればホームページを持つこと自体は1時間でできます。まずはホームページを持つことから始めましょう。

利用しやすいホームページ作成

ホームページ作成をする時に真っ先に考えるのがレイアウトなどのデザインではないでしょうか?

利用者は第一印象で次に進むか、それとも他のサイトに移動するかを判断することが多いようです。

ですので、第一印象となるトップ画面のデザインはとても重要になります。

しかし、ホームページ作成時にデザインだけにこだわり過ぎて使い勝手が悪くなるようであれば効果ががありません。

ユーザーが見易くて利用しやすいホームページを作成することを心掛けましょう。そのために目的を明確にし、計画性を持って構成するようにしましょう。

ホームページ作成では問い合わせフォームも重要

企業のホームページで知りたい情報が見つからない場合、問い合わせフォームを利用する人は多いでしょう。しかしフォームの入力項目が細かかったり、不要と思える情報が必須入力になっていたりすると、問い合わせにためらってしまうかもしれません。ホームページ作成においては、商品やサービス内容、新着情報などのページに注力しがちですが、問い合わせフォームの構成も同様に重要な項目です。

住所や電話番号などの個人情報は任意入力、アンケートではないので性別・年齢などは問わないなど、ホームページ作成時にも注意しながら問い合わせ側の視点に立ったページにする必要があります。

ホームページ作成の際は、企業側だけでなく利用側の視点にも留意するように心がけておきましょう。

ホームページ作成を行い、ネットショップの構築でマーケティング

ますます熾烈さを増している企業間の競争、今までは安定的な利益を得ていた会社も、平穏な毎日に安住していてはいけません。ネットの強みを活かしたマーケティングに乗り出しましょう。ホームページ作成を依頼し、プロの会社にPR用の公式サイトを構築してもらえば、より一層多くの人々に商品や会社の存在を伝えられます。

また近年ではホームページ作成サービスに、ネットショップの構築を頼む人々も出てきました。

ネットショップを設ける事でマーケティングの入り口がとても広くなります。

地元の優良顧客だけを相手にするビジネスも悪くはありませんが、今こそホームページ作成をするなどのグローバルなマーケティングが要る時代です。

ホームページ作成についての関連記事

ページトップへ戻る